遊びに来てくれて、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリック ぽちっとお願いしますHello
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

2012年06月22日

縫合糸肉芽腫〜経過は順調〜

闘病生活真っ只中、

100点満点 頑張り中のうみに、たくさんの応援ありがとうございます。




こちら、ツライ闘病生活、

頑張りすぎて涙やけが復活し始めてしまったうみです。
P1010457 (640x425).jpg



最近、サークルの中で過ごすことが多くなりました。

注射痛かったかな・・・とか、ダルイのかな・・・とか。

いずれにしても、彼女の体の中の細胞1つ1つが、

病気をやっつけようと必死に戦っています。

きっと・・・スッゴク体力のいることですよね。








今日も病院行ってきましたよ。
ガソリン ランプ昨日から点灯してるので、ちょっと不安だった。




治療・・・

  @患部の消毒

  Aお注射1本 ( 消炎鎮痛剤 )
24時間痛みをシャットアウトしてくれる頼もしいお薬。
しかも、お注射1本に減ったよ手(チョキ)

  B真っ赤にただれているお腹へのステロイド軟膏



体重は2.6`。 落ちてなかったのでホッとしましたるんるん

病気との闘いは、体力勝負Good






昨日からお家ではブルマ・・・あっ、いやいや腹巻をしているので、

うみのお腹の状態を見るのは、昨日の病院以来でした。
ブルマのお話はこちらをご覧ください。


先生曰く、縫合した箇所は、経過は順調だそうです手(チョキ)

ただね、またポチって・・・

その、昨日縫合したところが赤く盛り上がってたのたらーっ(汗)

これで順調?? 一気に不安になってしまったので、すかさず聞いてみた。


医)『昨日縫合したから、ちょっと炎症おこしちゃってるのかな。
   心配ないですよ。大丈夫ですよ。』

おねぇ)『・・・。』





信じますexclamation×2

信じていれば、絶対大丈夫よっexclamation×2






明日は院長先生が不在のため、

通院は1日お休みして、明後日でいいそうですぴかぴか(新しい)

ま、痛み止めの錠剤は処方されましたけど・・・。
やっぱりまだ痛いよねぇ〜ふらふら









そして病院から帰ってのうみの様子です。

P1010487 (640x425).jpg



最近お気に入りのロープで本日もガジガジしておりました。






がっ、それも束の間。

ごはんもろくに食べずに、自分のお家へin。

P1010495 (640x425).jpg
普段なら絶対ありえません
顔(なに〜)





そっかぁ。。。 しんどいかぁ。。。




というわけなので、今日はおねぇも早めに寝ようと思います。
って、もう全然早くないぢゃんあせあせ(飛び散る汗)



闘病生活はどうしても体力の消耗が激しいのかもしれません。

当初・・・うみは 『 入院した方がいい 』 とまで言われましたからたらーっ(汗)



本当は心配だから一緒に寝たいんだけど・・・我慢我慢。


安心できる自分のおうちで、ゆっくりねんこしなっかわいい

P1010502 (640x425).jpg


うみ)『ネンコ・・・でつ。』







ちなみにうみの腹巻(ブルマ?)大作戦かわいい

今日、医療用の滅菌ガーゼをゲットしたので、

化繊腹巻の下に、綿100%滅菌ガーゼを忍ばせました顔(笑)


うみとの格闘・・・多分今日1番、うみが元気な瞬間でした揺れるハート









ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます。

一生懸命 病気と闘っているうみに、応援よろしくお願いします。

下 下 下
今日もポチってしてね。

ニックネーム nishinosora at 00:12| Comment(4) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

縫合糸肉芽腫〜治療・縫合〜

闘病生活真っ只中、

100点満点 頑張り中のうみに、たくさんの応援ありがとうございます。

コメント欄へのお返事、遅くなって申し訳ありません。

本日中には必ずお返事いたしますハートたち(複数ハート)




今日・・・もう昨日ですねあせあせ(飛び散る汗) おねぇは会社午前半休でした。

いつもよりほんの少し長く、うみの傍にいられたことが嬉しかった。

P1010427 (640x425).jpg


うみは昨日のお注射が効いているみたいわーい(嬉しい顔)

P1010429 (640x425).jpg


さすがにね、いつものように走り回ったり・・・なんてことはなかったけど、
当たり前exclamation


こんな風におもちゃガジガジはしてくれてました猫(足)

P1010435 (640x425).jpg
でもやっぱり、お顔にはいつもの元気はないですねたらーっ(汗)







そして夕方、また病院へ病院

先生はうみのお腹を(医療用テープを貼った上から)一目見るなり

医)『あ〜、いっぱい血がでちゃってるねぇ〜』って・・・。

そうなんだ・・・。
普通はこんなに血がでないんだバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


医)『中の状態みるから、テープ剥がしますね。』




そして一同・・・また絶句でした。。。




前日に処置をした患部は、まだ当然ジュクジュクですが、

それ以上に・・・うみのお腹の皮膚は至る所に発疹ができて、

見るのもツライ程にただれて・・・真っ赤。






やっぱり出ちゃったか・・・。

うみの持病 : アトピー性皮膚炎









実は昨日、先生がテープを貼って下さる時、言ってみたんです。

おねぇ『先生、このテープは肌には優しいですか?
    この子(肌が弱くて)避妊手術の後も、
    お腹が真っ赤になっちゃたじゃないですかぁ。』って・・・。
その時のお話はこちら


医)『そうなんだよなぁ〜。
   でも、今はこうするしか方法がないんです。』








でも・・・やっぱダメだったかバッド(下向き矢印)


そういえば昼間・・・

はい。確かに痒がってました。









治療・・・

  @患部の消毒

  Aお注射2本注射 ( 消炎鎮痛剤、抗アレルギー剤 )
抗生物質は、昨日注射したものが1週間ほど効力があるとの事。


  B真っ赤にただれてしまったお腹へ、ステロイド軟膏を塗りこむ

  C縫合





縫合糸肉芽腫の治療に専念したいのに、同時に皮膚炎の治療もしなければならなくなってしまいました。

本来ならば前日同様、医療用粘着テープで、傷口をピッタリ覆っておきたい所ですが、

皮膚がこんな状態ではとても可哀そうで、そんなことは出来ない。



よって・・・致し方なく・・・



穴が開いてしまった皮膚を1針だけ縫合することにしました。

うみの体が拒絶した皮下織縫合に使う糸と、表皮の縫合に使う糸とは

全く違うもののようで、心配はいらないとのことでした。



ちなみに、この糸は表皮がくっつき次第、抜糸できるそうです。






縫合糸肉芽腫の治療で、開腹手術でもないのに縫合することになるなんて・・・

カナリ焦りました。

たった1針・・・されど1針・・・

まっ、先生は手慣れた手つきでささっと縫合しちゃいましたけど病院








こちらが施術後のお腹の様子です。

P1010456.JPG


1針分の縫合分かりますか?

そして、どれだけうみのお腹がヒドイ状態なのか・・・わかりますか?










うみは今日も、イタイイタイ治療を頑張って耐えてくれました。

イタイイタイとカユイカユイで最低最悪な気分であろう、うちの大切な大切な愛おしいわが子。



とりあえず患部を舐めないように、腹巻作戦かわいい

P1010464 (640x457).jpg
なんでだろう・・・ブルマに見えて仕方ないあせあせ(飛び散る汗)




こちら以前にも登場したことあんですけど・・・

うみの腹巻サイズにピッタリンコな、おねぇのレッグウォーマーです。
その時のお話はこちら




うみの患部は、ちょうどおへそのあたり。

持っている洋服はどれもこれもみんな寸足らずで、こうなりました。

この時期・・・暑くてツライよね。

ごめんね、うみ。











ランキングに参加しています。

懸命に病気と闘っているうみに、応援よろしくお願いします。

下 下 下
今日もポチっておねがいします顔(イヒヒ)



ニックネーム nishinosora at 01:07| Comment(6) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

縫合糸肉芽腫〜闘病記録〜

うみはツライ治療頑張ってます。



先生によると、避妊手術では一般的に、

腹壁を縫って、皮下織を寄せて、それから皮膚を縫う3層縫合が行われるそうです。

うみは皮下織縫合の一番上端に肉芽腫ができ、

それが化膿して、

皮膚に穴が開いた状態になっていたそうです。



これは体中に残った糸に、体が過剰な異物反応を起こすことが原因だそうで・・・。



ここいらで小休憩。内容とは全く関係のない写真です。
P1010355 (640x425).jpg
トリミング直後のキレイなうみをアップできてなかったのであせあせ(飛び散る汗)










治療・・・

うみの体が過剰な異物反応を起こしてしまっている糸を取り除く以外にはありません。






先生はうみのお腹の毛を剃り、キレイに消毒をした後・・・

穴の開いた うみの腹部から、

可能な限り、今見えている全ての糸を丁寧に取り除いて下さいました。




その間、うみは おねぇ、助手先生、看護師さんの3人によって保定。



『なるべく痛くないように処置しますから。』

と先生はおっしゃって下さいましたが・・・

麻酔なしで、

化膿してしまった皮下緒部の 縫合糸を取り除かれるなんて・・・顔(泣)



小休憩。またまた、内容とは全く関係のない写真です。
P1010345~1.JPG
うみは、大切な大切な わが家の一人娘なんです揺れるハート









やっぱり想像しただけでも・・・相当痛かったはず。

なのにうみは、泣くことも、わめくこともなく、

ただ じっとじっと・・・必死で耐えてくれました。

痛くて怖くて…抵抗することも出来なかったのかな。







こちらが施術後のお腹の様子です。


P1010415.JPG




医療用粘着テープで、傷口がピッタリ覆われおります。

このように傷口に出てくる体液を保持させ、適度に患部を潤わせておくることによって、

皮膚が持つ自然治癒力を最大限に活かせるそうで・・・

痛みを少なくさせ、傷を早く治す効果が期待できるそうです。




ちなみに、この治療以外にも

お尻には消炎鎮痛剤と抗生物質の注射2本注射

家に帰ってからは、処方された抗アレルギー剤くすり


こんな治療をした後だし・・・そりゃ元気はないけど・・・

それでもなんとか、ごはんは食べてくれました。

P1010405 (640x425).jpg
いつも通り残してるけどったらーっ(汗)






うみは必死でツライ治療に耐えています。

縫合糸肉芽腫という病と闘っています。





愛犬と生きていくにあたり、

このような病気もあるんだと、頭の片隅にでも持っていてくだされば、

もしもの時の選択肢の幅が増えると思い、アップしています。

わが子の幸せなワン生のためにも、

知識ってものは絶対にあった方がいい。

私はつくずく、そう思いました。












ランキングに参加しています。

懸命に病気と闘っているうみに、応援よろしくお願いします。

下 下 下


<
ニックネーム nishinosora at 00:35| Comment(6) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする