遊びに来てくれて、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリック ぽちっとお願いしますHello
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

2012年06月24日

縫合糸肉芽腫〜経過・今後〜

闘病生活真っ只中、

100点満点 頑張り中のうみに、たくさんの応援ありがとうございます。





本日 (もう昨日のお話になっちゃいますがあせあせ(飛び散る汗)

1日ぶり、またまた病院に行ってきました。



治療・・・

  @患部の消毒

  Aお注射1本注射 (消炎鎮痛剤)

  Bカユイカユイのお腹へステロイド軟膏を塗る



以上exclamation

経過は良好。いやいや・・・カナリ良好Good



だってね、見て見てっるんるん

6月20日
P1010456.JPG
真っ赤にただれて見るのがツライ程でした。


下

6月23日
P1010646 (640x425).jpg
ねっっるんるん




たった3日(実際は4日)で、こ〜んなにお腹がキレイになりましたぴかぴか(新しい)


これは縫合糸肉芽腫に対する治療のために使用した、医療用テープへのアレルギー反応に対して、随分と改善が見られたって事で・・・

うみの病気そのものが治ったって事ではないんだけど・・・

このすばらしい治癒力ぴかぴか(新しい)

こんな短期間でこんなにもお肌がキレイになるなんてるんるん



嬉しいのは当たり前 exclamation

生きてるってスゴイなって思いました exclamation×2






まっ、一翼を担ったのは、こちらのブルマさんだったりして顔(イヒヒ)

P1010464 (640x457).jpg




うみ)『ブルマってなんでつか?
P1010460 (640x425).jpg
ククッ顔(イヒヒ) い〜のい〜のっ顔(ペロッ)








で、今度は縫合糸肉芽腫のお話です。

こちらは致し方なく1針縫合となったわけですが、
その時のお話はこちら


傷口もきちんと くっついてきている様子で、経過は良好との事でした。


そしてそして、抜糸の日にちがほぼ決まりましたぴかぴか(新しい)

6月26日または27日のいずれかです。


良かったよ〜〜、本当良かったよぉ〜〜顔(泣)


こちら内容とは全く関係のない、うみの可愛いお顔ですハートたち(複数ハート)
P1010509 (640x425).jpg
文字ばっかって思ってあせあせ(飛び散る汗)





ただね・・・不安要素はあります。





今回のうみの治療


“ うみのお腹の毛を剃り、キレイに消毒をした後・・・

  穴の開いてしまった腹部から、

  今見えている全ての糸を丁寧に取り除いて下さいました ”


・・・と、先日記事に致しました。
その時のお話はこちら



そうなんです。

今見えている全ての糸を・・・。

つまり、体の中にはまだ・・・残っているんです。

うみの体が拒絶反応を示した、皮下織縫合の際に使用した糸が。
先生は1箇所だけとおっしゃってましたが…。



今後、その糸に対して同じような拒絶反応が出ないのか・・・

つまり、この病気の再発はないのか、単刀直入に聞いてみました。

応えは・・・


医)『なんとも言えません。』








この病気は・・・免疫異常から起こると言われています。

ただ本当のところ、

原因は未だにはっきり分かっていないと言うのが現実。



ダックスフンドやチワワに多いと言われておりますが、

発病する形も、その症状もさまざまな



でも・・・



1度発症してしまうと、

治る確率は非常に低いというのが現状のようです。







先生はその後、『大丈夫ですよ』 とは言い直して下さいました。

が、それは恐らく・・・不安でいっぱいの私の気持ちを察しての事。



病気こそ違うけど、そらの時もそうだったなって・・・そんな事思い出しました。
動物にも飼い主にも優しい先生なんです。




最後に、こちらも内容とは関係ありませんが、うみの素晴らしい『お手』です。
P1010521 (640x425).jpg
いやぁ〜『お手』が出来るようになったのが 嬉しくってハートたち(複数ハート)









現実をきちんと伝えてほしい反面、

安心させてもらえる一言が欲しい。



そんな・・・矛盾した気持ちでいっぱいでした。













うみのすくすく成長日記はランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。


にほんブログ村

ニックネーム nishinosora at 01:24| Comment(4) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やったぁ、今日もブルマが見られた〜!
って、そんなことばっかり言っていると、
まるでヘンタイみたいですね(笑)

ああ、縫合糸系の肉芽腫もやっぱり原因ははっきりしてなくて、
再発の可能性もあるのかぁ。
ちなみに、再発率って病院にお聞きになられましたか?
ぼくが聞いたところによると、2割くらいは再発もなく完治するという話でした。
この数字って、きっと病院によって違うと思うので、
うみちゃんが行かれてる病院はどうなのかと思って質問しました。

それと、、、
アトピーの件なんですが、
ぼくの体験談ですが、
体中が膿んでしまって、それが原因で発熱して、
という状態を何日も過ごす、というのを年に何回か過ごす、
みたいな生活をしていた時期があるんです。
ぼくの母親は自分に責任があると感じたらしく、ずいぶん悩んでしまったようですが、
僕自身は母を責めたりとか、死ぬほどつらいとかそんなことはなかったです。
しょせん、アトピーはアトピーで、それが原因で死にいたるなんてこともないので、
まぁ、つらい時期はつらいんですけど、
僕自身は、これも個性か、と受け入れて過ごしております。

今日はこんな時間まで飲んでしまって、酔っているせいで余計なこと書いてしまっているかも。
お気を悪くさせてしまったとしたら、すみません。

シルク包帯? うみちゃんのサイズに合うことを願っておりますです。
Posted by あまずチチ at 2012年06月24日 06:04
ずっと元気だった子が
ちょっと病気になったりすると
やたらと心配だったりするんだよね。
一年くらい前、私もそうでした。
なんしたらいいやか?
なんしたらいけんやか?
ちょっと過敏になっていたような。笑
焦ってしまって、本ワンが見えてなかったかも。
でもね、信じて迷わないことが大事なのかも?
ほら、この子たちは自分で選べないでしょ?
だから、最善を検討して決断するのは私たち。
決めたからには信じようと、迷うまいと。
明日という字は明るい日。
そんな明日が来ることを
信じて、祈っています。^^
Posted by バニラネネ at 2012年06月24日 12:29
あまずチチさんへ
はい。再発の可能性があることは言われました。先生は「その時はまた治療すれば大丈夫ですから。」っておっしゃっていましたけど・・・どうなんだろうって不安になりました。再発率に関しては、数字としては聞いていません。うまくお伝えは出来ませんが、先生の話し方(言葉の端々とでも言うのでしょうか)から、可能性が決して低くはないと感じました。
先生によると、「今まで件数は少ないですけど縫合糸肉芽腫にかかられた犬はいました。でも、例え再発したとしても良くなりましたよ」とはおっしゃってました。
とらえ方次第ではプラスにも取れるんでしょうけど、私には“再発”って言葉は非常に重たく、また件数が少ないというのもなんとなく引っかかりました。
マイナス思考は良くないんですけどね(汗)

チチさん、アトピーだいぶ酷いんですね。
アトピーで発熱するだなんて、初めて知りました。わが子がそんな状態だなんて、やはりお母様はいろいろと深く悩まれたんでしょうね。

犬のアトピーって、一般的に歳を重ねるごとに酷くなるって聞いたことがあります。今からしっかりと対策をして・・・対策をしたからと言ってもなにも変わりはないかもしれませんが・・・今以上に酷くはならないよう・・・祈るばかりです。
私も、うみの母親ですから♪
Posted by うみねぇ at 2012年06月25日 00:10
バニラネネさんへ
ネネさん、ありがとう。
そうだな。そうだよな。・・・そう思いました。
1年くらい前のばっくんの様子、見させて頂きました。今の私は当時のネネさんに似ている所が多く・・・まるで自分を見ているかのような錯覚さえ起こしました。
この子たちの最善策を検討して、決断するのは私たちですもんね。
しっかりしなきゃ。って思っているんですけど・・・どうしても不安になったり、焦ったり、迷ったりしてしまう。
だからね、なんだかネネさんの言葉がえらく染みました。
しかし、なんでこんなに愛おしいんでしょう。
うちの子(笑)
うみではなく・・・間違いなく私が・・・
分離不安症です♪
Posted by うみねぇ at 2012年06月25日 00:21