遊びに来てくれて、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリック ぽちっとお願いしますHello
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

2012年05月28日

うみは大丈夫です!

昨日の続きです。

一度目を通して頂けると、話が分かりやすいかと思います。こちらをどうぞ。




病院は明日(火曜日)の予定でしたが、

心配で心配でたまらなかったので、

明日の予定を早めて、先ほど病院に行ってきました。

P1000701.JPG
文章と写真は全く関係ありません顔(ペロッ)





結論から申し上げます。






ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)うみは大丈夫ですっハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)


よかったぁ〜よかったよぉ〜〜顔(泣)顔(泣)顔(泣)






院長先生によると、うみの皮膚の変色はメラニン色素との事。

今まで全身ピンク色のお肌でしたが、成長するにつれて色素が表に出てきたんだって。

全く問題のない、うみの個性だそうですわーい(嬉しい顔)

P1000706.JPG
これまた全く内容とは関係ないお写真顔(イヒヒ)




だけどね、実は今回おねぇを最も不安にさせてたのは、皮膚の変色これだけぢゃないんです。

見てください。下


5/7 フィラリアの感染の有無も含めて、T病院で行った血液検査注射

T先生には全く問題のない、健康優良児だと言われました。

が・・・PLT(血小板数)0.7

もよママさんによると、正常値は20〜50だそうで・・・。
勝手にリンクしちゃってゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)


この数値と皮膚の変色のダブルパンチパンチ

マイナス思考1等賞のおねぇの中では、もぅ決定的でしたもうやだ〜(悲しい顔)


で、セカンドオピニオンである、S病院のA院長に突っ込んで聞いてみた。

『こんな数値なのに、本当に大丈夫なんですか???』







・・・ここからちょっと長くなりますが・・・

血管が損傷を受けると、血小板は真っ先にその部分に集中して粘着し、互いにくっつきあって大きくなり、傷口を塞ぐそうです。
それは血液検査でも同じ。
採血用の注射針を血管に刺した直後から、血小板は止血のために傷口に集中するそうです。
したがって、傷口付近の血液は血小板の濃度が高く、またそうでない所はカナリ濃度が低くなる。
採血に要した時間、手際、技術にもよるそうですが・・・。

5/7の血液検査での異常値は、濃度が低くなっている部分での数値ではないかとの事でした。



な〜んて、呑気に言っていられるのも、今日の血液検査があったからこそ注射

見て見てっ下


PLT34.0

ちゃ〜んと正常値よっGood



な〜んだ、うみぃ揺れるハート
あなたやっぱり、健康優良児なのねっわーい(嬉しい顔)るんるん




よかったぁ〜よかったよぉ〜〜顔(泣)顔(泣)顔(泣)





だいぶ緊張して病院に行ったので、気が抜けたのか

帰りはホッとして、愛車を運転しながら泣いてしまいました。

ってか、今でもなんだか泣きそう顔(泣)

今までうみと過ごす毎日を 大切にしてきたつもりですが、

まだまだ全然足りてない顔(イヒヒ)

もっともっと・・・大切にしてあげようと思いました。


本当良かったぁ。。。

P1000811.JPG




ご心配おかけしましたが、うみは元気ですexclamation×2










ランキングに参加しています。

ポチってしてくれると、嬉しいです。

下 下 下



ニックネーム nishinosora at 22:05| Comment(6) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする